港町でしか食べられない透明なイカ刺しを
カジュアルに楽しめる

イカセンターの提供価値を支えるのは、10年かけて築いた
中間業者を経由せず自社で入札から配送・店頭調理までを一貫して行うこだわりです。

イカは毎日全国から。
魚は毎日船形からお店に自社で運ぶ

営業終了後の早朝に代表藤嶋が市場に通い続けて10年かけて買入の権利と信頼を得て参りました。
買入の権利があっても漁師さんとの個々に認められなければいい魚は買わせていただけません。
途中身体を崩すこともありましたが、今では仕入部隊が毎日新鮮なイカを全国から、
魚を船形漁港から直接買い付けてお店に運ぶ体制ができあがっています。

中間流通を通さないから、
カジュアルに楽しめる

特注イカトラックはイカがストレスを感じないための高級ベッドのようにコンピューターで居心地を管理して運んでいます。試行錯誤を繰り返してこの流通体制を完成させました。港町の割烹料理屋でしか食べられないような味を高いコスパで楽しめるお店作りにこだわっています。

いつイカセンターにきても
旬の最高に美味しいイカが食べられる理由

イカは季節によって旬の種類が違い、場所によって回遊している種類が違うので
仕入れ部隊は全国の港にイカを毎日買いに行っています。
毎朝、全国津々浦々の港で仕入れるので、お客様には今最高に美味しいイカを
選りすぐってお出しすることができるのです。

イカの種類は季節、漁の状況によって異なります。

魅せる
料理の数々

料理はお客様に楽しい時間を過ごしていただくためのもの。鮮度抜群で味の美味しいだけでなく、イカセンターでは活きイカのゲソに醤油をかけたり、船形特産の特大金目鯛の煮付けの豪快さに驚いていただいたり、刺身の鬼盛りの迫力に湧いていただいたり、楽しい体験を提供することを心がけています。

気兼ねなく
くつろげる接客

緊張してると料理の味がわからなかった、なんて体験ありませんか。イカセンターでは仲良しの親戚の家に遊びにきたような、気兼ねなくくつろいでいただける接客を心がけています。接客するスタッフがやり甲斐をもって楽しんで働けるように、プライドを持ってお客様に薦められるだけの素材と調理技術を日々研鑽しています。